2011年7月31日日曜日

Boilerplate ひな型

先日、オレンジ郡のプロジェクトをゲットするためのプロポーザル・チームが組織され、電話での作戦会議がありました。サンディエゴのダグがPM、サンフランシスコのカレンがプロポーザル・コーディネーター、オレンジのジャックがクライアント・マネジャー。私はプロジェクトコントロール・マネジャーという肩書きです。

プロポーザルの第何章を誰が書くか、という割り振りをしていた時、誰かがジャックに尋ねました。
「この部分のボイラープレートを送ってくれる?」

あまりに頻繁に聞くフレーズなので、これが「テンプレート」とか「ひな型」を指すのだということは、前々から何となく分かっていました。例えば契約書などは、細かいところを修正すれば即使えるバージョンが大抵存在していて、これを「Boilerplate Contract」と呼んでいます。

さっそく同僚リチャードを訪ねて質問してみました。
「あのさ、意味は大体分かってるんだけど、どうしてボイラーが出てくるの?」
「さあねえ。どうしてだろう。考えたことなかったよ。テンプレートと同じ意味なんだけどね。」
「うん、知ってる。でもそれじゃ、どうしてテンプレートって呼ばないのかな。」
「ちょっと気取った(edgy)言い方をしたい時に使う表現なんだよ。」
「たとえば君だったらどういう風に使う?」
彼は机の上に山積みになった図面をちらっと見て、

“Can you send me a boilerplate title sheet?”
「タイトルシート(図面集の最初のページ)のひな型送ってくれる?」

という文例を即席で作ってくれました。

自分のオフィスに戻ってあらためて調べてみたところ、ウィキペディアに語源が載っていました。そもそもはボイラー(水を温水や蒸気に換える装置)を製作するのに使っていた分厚い鉄板を指していたのですが、その昔新聞を刷るのに使われていた鋼板がこれに似ていたため、ボイラープレートと呼ばれるようになったそうです。それが転じて、「標準形」とか「ひな型」「テンプレート」という意味になったみたい。

頭の中で、なんとか「ボイラー」と「ひな型」を関連付けようと少しの間考えたのですが、そもそもボイラー自体が現在の日常生活にほとんど登場しないので、イメージが湧きません。そういえば日本で会社勤めを始めたばかりの頃、当時住んでいた独身寮のオヤジが、
「管理人というのはボイラー技師の免許を持っていないと務まらないんだ。」
と自慢げに話していたのを思い出しました。彼には寮の共同風呂を沸かす仕事があるのです。しかしそのオヤジ、なんとも怠慢なことに、週三回(月、水、金)しかボイラーに点火してくれませんでした。おかげで金曜に風邪でもひこうものなら、四日も風呂に入らないまま月曜出勤、という悲惨な事態になったものです。

思い出したらムカついて来た。

2 件のコメント:

  1. 冷麺といい、ひながたといい、なかなかいい写真を持ってくるね。じゃあ、日本語の「ひな型」とは?
    まさか雛形さんが作ったわけじゃないよね。
    テンプレートっていうのも、パソコン時代になって知った言葉だよね。Boilerplate Contractとか、boilerplate title sheetということは、名詞+名詞すなわち名詞の形容詞的用法ってやつ?
    いまさら、グラマーする気はないけれど。。。。。

    返信削除
  2. ひなというのはひよこのことで、ひな型(またはひな形)は、ミニサイズの模型のことだそうです。それが転じて「標準形」みたいな意味になったとか。

    ボイラープレートは名詞としても形容詞としても使えるんだって。

    返信削除